サイトマップ

過去問を探すためにサイトマップを用意しました。

71回のA・B問題

良性腫瘍の特徴に関する記述として適切なのはどれか。
卵胎生のものはどれか。
すべての細菌が持つのはどれか。
投与した薬が全身循環血液中に到達した割合を示すパラメーターはどれか。
垂直伝播による感染はどれか。
調査対象集団を特徴が異なるグループに分けた後、各グループから無作為抽出する標本抽出法はどれか。
チアノーゼが示唆する病態はどれか。
オーシスト内にスポロシストを形成しないのはどれか。
悪性中皮腫を引き起こす物質として適当なのはどれか。
DNA の塩基でないのはどれか。
欠乏により乳熱の原因となるのはどれか。
魚類の鱗(うろこ)が存在する場所はどれか。
実験動物に加わる物理的ストレッサーはどれか。
雌牛で発情期だけに見られる行動はどれか。
牛の妊娠期間として適当なのはどれか。
犬でキャスト(ギプス包帯)固定が適応となる骨折部位はどれか。
創傷治癒の阻害要因として適当でないのはどれか。
ミニチュア・ダックスフンドを飼育している飼い主から、チャイムや物音に反応して吠えて困ると訴えがあった。獣医師の対応として適切でないのはどれか。
放射線の晩発性障害はどれか。
X線不透過性が最も高い臓器はどれか。
我が国で野生動物を対象にワクチンが使用されている感染症はどれか。
HACCPの7原則に含まれないのはどれか。
蚊が媒介する人獣共通感染症はどれか。
温室効果ガスのうち我が国で年間排出量が最も多いのはどれか。
ニドウイルス目に属するウイルス科はどれか。
1本鎖 DNA ウイルスはどれか。
アステロイド体(棍棒体集落)の形成が特徴的な疾患はどれか。
脂質の検出に用いられる組織染色法として適切なのはどれか。
血液凝固抑制薬(抗凝固薬)はどれか。
硫黄原子( S )を含む側鎖をもつアミノ酸はどれか。
「医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律」に規定されているのはどれか。
腎臓でアルドステロンの作用により Na+が再吸収される部位はどれか。
牛で排卵を引き起こすホルモンはどれか。
哺乳類家畜の縦隔の中に含まれていないのはどれか。
距と呼ばれる掌球または足底球の痕跡的構造がみられる動物はどれか。
「獣医師法」に規定される項目で誤っているのはどれか。
「愛がん動物用飼料の安全性の確保に関する法律」で対象となっている動物に含まれるのはどれか。
飼育動物の生活環境における「 5 つの自由」の概念にあてはまる対応として誤っているのはどれか。
狂犬病の汚染国に生まれてそのまま飼っている猫を日本に輸入する場合の処置、検査として誤っているのはどれか。
「獣医師法」により獣医師に交付義務がある書類として誤っているのはどれか。
定期的に来院している犬の飼い主が怪我をしているスズメを保護して治療をしてほしいと来院。獣医師の対応として最も適切なのはどれか。
「飼料の安全性の確保及び品質の改善に関する法律」で対象となっている動物でないのはどれか。
「家畜伝染病予防法」において家畜伝染病に指定されていないのはどれか。
我が国の牛トレーサビリティ制度が成立するきっかけとなった感染症はどれか。
家畜保健衛生所の役割について誤っているのはどれか。
A 農家で病気の搾乳牛の治療として抗菌薬を投与した直後、急な難産の連絡が入り、乳の出荷停止を伝えずに別の農家に急行した。難産の処置終了後、A 農家に連絡したところ、管理者は「すでに治療牛の乳は集乳車に集められたが大丈夫だろう」と答えた。獣医師の対応として最も適切なのはどれか。
管理獣医師として養豚場を巡回した際に、最近になって使用禁止となった飼料添加物を含む飼料が保管されていた。管理者に聞いたところ「捨てるのはもったいないので、在庫分は使い切るつもりだ」と答えた。獣医師の対応として最も適切なのはどれか。
ある農場の繁殖検診に行った際、痩せて衰弱した牛を目にした。管理者に聞くと長期不受胎の牛が数日前から起立不能になったが、連休明けには廃用予定のため特に治療もせず放置しているとのこと。獣医師として最も適切な対応はどれか。
治療を続けていた猫を亡くした飼い主が、2 週間経っても悲しい気持ちが続い てしまい悩んでいると来院。獣医師の対応として最も適切なのはどれか。
手術を行う際に飼い主のインフォームド・コンセントを得る方法として最も適切なのはどれか。
カラムナリス病に関する記述として適切なのはどれか。
筋肉内にシストを形成する魚類の疾患はどれか。
国内でワクチンが実用化されている魚類の疾患はどれか。
レッドマウス病の原因となる細菌はどれか。
実験動物用のラットの感染症コントロールとして誤っているのはどれか
実験動物の特徴に関する記述として正しいのはどれか。
牛の難産に関する記述として誤っているのはどれか。
牛の胎子ミイラ変性に関する記述として適当なのはどれか。
ホルスタイン種牛の卵胞囊腫に関する記述として適切なのはどれか。
馬の子宮内膜炎に関する記述として誤っているのはどれか。
牛のワラビ中毒で見られる症状はどれか。
Streptococcus属の細菌によって引き起こされる豚の疾患はどれか。
犬の四肢の骨肉腫に関する記述として適切なのはどれか。
肘関節形成不全に含まれる疾患はどれか。
犬のレッグペルテス病に関する記述として適切なのはどれか。
犬の潜在精巣に関する記述として適切なのはどれか。
犬の喉頭虚脱に関する記述として適切でないのはどれか。
特発性乳び胸に対する外科的治療法として適切でないのはどれか。
猫の重度歯肉口内炎で適応となる外科的治療法はどれか。
犬の膝蓋骨内方脱臼に対する外科的治療法として適切なのはどれか。
犬の馬尾症候群に関する記述として適切でないのはどれか。
急性膵炎で認められる特徴的な超音波像として適当でないのはどれか。
X線検査で腹腔内に遊離ガスが認められた場合にまず疑うべき疾患はどれか。
肥育豚の胃潰瘍の治療又は予防対策として適切なのはどれか。
炭水化物過食が原因となる馬の運動器疾患はどれか。
豚で欠乏によりマルベリー心臓病の原因となるのはどれか。
離乳から肥育期の豚に見られる問題行動はどれか。
猫のシュウ酸カルシウム尿石に関する記述として適切なのはどれか。
犬の進行性網膜萎縮に関する記述として適切でないのはどれか。
犬の外傷性眼球脱出に関する記述として適切でないのはどれか。
犬の変性性脊髄症に関する記述として適切なのはどれか。
犬の赤血球増加症の鑑別に用いる検査として適当でないのはどれか。
犬の甲状腺機能低下症に関する記述として適切なのはどれか。
胆囊粘液囊腫に関する記述として適当でないのはどれか。
犬の特発性腸リンパ管拡張症に対する療法食として適切なのはどれか。
犬のリンパ球プラズマ細胞性腸炎の治療に用いる薬剤として適切なのはどれか。
犬の壊死性髄膜脳炎に関する記述として適切でないのはどれか。
高カリウム血症の急性期治療に用いる薬剤として適当でないのはどれか。
犬の糸球体腎炎の原因疾患として適当でないのはどれか。
ネフローゼ症候群の病態として適当でないのはどれか。
疾患による経済的損失のうち直接的損失に含まれないのはどれか。
採卵鶏で換羽誘導を行う目的はどれか。
消毒液の殺菌効果判定における基準薬剤はどれか。
みつばちの衛生管理として正しいのはどれか。
鶏のジゼロシン中毒と関連のある配合飼料の原材料はどれか。
前向きコホート研究に関する記述として正しいのはどれか。
「水質汚濁防止法」に関する記述として正しいのはどれか。
ブルセラ症あるいはその病原体に関する記述として適切なのはどれか。
クリプトコックス症あるいはその病原体に関する記述として適切なのはどれか。
パスツレラ症あるいはその病原体に関する記述として適切なのはどれか。
エボラ出血熱あるいはその病原体に関する記述として適切なのはどれか。
ニパウイルス感染症に関する記述として適切なのはどれか。
ポリ塩化ビフェニル(PCB)が原因となって発生したヒトあるいは動物の健康被害はどれか。
食品添加物として用いられる亜硝酸ナトリウムに関する記述として誤っているのはどれか。
大気汚染物質の一次汚染物質でないのはどれか。
有害廃棄物の越境に関する事件はどれか。
「カルタヘナ議定書」に関する記述として正しいのはどれか。
ブドウ球菌食中毒あるいはその原因菌に関する記述として適切なのはどれか。
食品の腐敗防止に関する記述として適切なのはどれか。
現在我が国において生乳の殺菌条件の指標となっている病原細菌はどれか。
生食用食肉の規格基準に関する記述として正しいのはどれか。
疾患の予防活動における 1次的予防はどれか。
ロデシア眼虫(Thelazia rhodesi)についての記述として正しいのはどれか。
感染すると運動失調を伴う神経症状を引き起こす病原体はどれか。
オーエスキー病に関する記述のうち正しいのはどれか。
ウイルス性疾患の治療薬とその作用に関する組合せとして適切なのはどれか。
弱毒生ワクチンに関する記述として適当なのはどれか。
細胞膜表面で成熟して放出されるウイルスの 1 段階増殖曲線についての記述として正しいのはどれか。
馬のアスペルギルス症の主な症状はどれか。
ヘルペスウイルス科に属さないウイルスによる疾患はどれか。
抗菌薬の膜透過性を減少させることにより細菌が耐性を獲得するメカニズムはどれか。
豚丹毒とその原因菌に関する記述として適切でないのはどれか。
豚の腸腺腫症候群に関する記述として適切なのはどれか。
肝臓の小葉中心性脂肪変性の原因として適当なのはどれか。
神経細胞の中心性色質融解を特徴とする疾患はどれか。
子宮収縮薬はどれか。
有機リン系殺虫剤による中毒の治療薬はどれか。
非麻薬性の中枢性鎮咳薬はどれか。
緑内障の治療薬はどれか。
犬のフィラリア症の予防薬はどれか。
動物の分娩経過に関する記述として適切なのはどれか。
牛の発情周期中の生殖器の変化に関する記述として適切なのはどれか。
Ovsynch法に用いるホルモン剤はどれか。
分娩1週間後に食欲不振を呈した搾乳牛の呼気から強いアセトン臭がした。最も疑われる疾患の確定診断に必要な検査はどれか。
心肺蘇生に関する記述として適切なのはどれか。
髄内ピンが最も高い抵抗性を示す生体力学的負荷はどれか。
麻酔モニターの項目とその指標の組合せとして適切でないのはどれか。
捻転斜頸はどの部位の障害によって生じるか。
胸部X線検査で高圧の管電圧を用いて撮影を行う主な目的はどれか。
X線撮影に用いる器材に関する説明として誤っているのはどれか。
黒毛和種肥育牛において人為的制限による欠乏症が発生しやすいビタミンはどれか。
脊髄反射でないのはどれか。
誘導酵素はどれか。
直径1cm以下の皮膚の盛り上がりを指す用語はどれか。
重症筋無力症の診断に用いる検査として適切なのはどれか。
1宿主性のマダニはどれか。
待機宿主が存在するのはどれか。
日本住血吸虫(Schistosoma japonicum)の幼虫ステージはどれか。
寄生虫と中間宿主の組合せで正しいのはどれか。
第1期幼虫が終宿主に感染するのはどれか。
虫卵に洋梨状装置を持つのはどれか。
経乳汁感染しないのはどれか。
鶏がもつ免疫グロブリンのクラスはどれか。
細菌がDNAを取り込んで表現型を変化させることを何というか。
クラミジアの増殖環において封入体の中で増殖するのはどれか。
鶏白血病ウイルスの検出に用いられるのはどれか。
宿主内でプロウイルスを形成するのはどれか。
我が国でインターフェロン(IFN)-ω製剤の使用が認可されている疾患はどれか。
ポックスウイルス科に属さないウイルスはどれか。
ウイルスのプラーク(プラック)形成単位を測定する際に使用するのはどれか。

72回のA・B問題

肝膵臓を持つ魚種はどれか。
実験動物の人獣共通感染症はどれか。
犬の妊娠期間として適当なのはどれか。
短日繁殖動物はどれか。
犬において成長してからの恐怖反応を予防するために、さまざまな刺激に触れさせておくことが重要となるのはいつか。
管腔臓器を把持する鉗子として適当なのはどれか。
合成吸収性縫合糸はどれか。
高 LET 線はどれか。( LET = 線エネルギー付与)
放射線感受性が最も低い組織・器官はどれか。
欠乏すると牛のグラステタニーの原因となるのはどれか。
エンベロープを有するウイルス科はどれか。
イベルメクチンの投与を慎重に行うべき犬種はどれか。
診療記録に記載する事項として適切でないのはどれか。
馬にビタミン B1 欠乏症を引き起こす有毒植物はどれか。
芽胞に有効な消毒薬として最も適当なのはどれか。
シャーガス病の主な発生地域はどれか。
「いずし」で起こることが多い食中毒はどれか。
「動物の愛護及び管理に関する法律」を所管する省庁はどれか。
円葉目条虫の成熟片節にない構造はどれか。
虫卵に小蓋をもつ寄生虫はどれか。
アミノ酸をリボソームへ運搬するのはどれか。
真菌による感染症はどれか。
分節 RNA をゲノムとするウイルス科はどれか。
A 型インフルエンザウイルスが属するウイルス科はどれか。
DIC(播種性血管内凝固)でみられる血栓はどれか。
急性炎症の四主徴として適切でないのはどれか。
無毒性量を表す略語はどれか。
犬で活性の低い代謝経路はどれか。
ループ利尿薬はどれか。
ヒスチジンから合成されるのはどれか。
強い胆囊収縮作用をもつ消化管ホルモンはどれか。
血小板凝集において血小板を架橋するのはどれか。
前肢の指骨格が第三指のみとなっているのはどれか。
犬において内耳をおさめる骨はどれか。
動物衛生の向上を目的とした国際機関の略称として正しいのはどれか。
獣医師名簿の登録事項でないのはどれか。
法律で獣医師のみに認められている行為はどれか。
「感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律」に基づく輸入禁止対象動物はどれか。
「獣医師法」に定める獣医師の義務として正しいのはどれか。
ある疾患の犬の治療に対して 2種類の治療法が考えられた。治療法 A は回復が期待でき費用は 50 万円かかる。一方、治療法 B は対症療法であり費用は 5 千円かかる。以前から、飼い主は高額な治療費を払えないと話していた。獣医師の対応として適切なのはどれか。
食品安全委員会が設置されている行政機関はどれか。
「感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律」に基づく獣医師が診断した場合に届出が義務付けられている犬の疾患はどれか。
「遺伝子組換え生物等の使用等の規制による生物の多様性の確保に関する法律 (カルタヘナ法)」において生物として扱われないのはどれか。
「狂犬病予防法」に関する記述として正しいのはどれか。