ポリ塩化ビフェニル(PCB)が原因となって発生したヒトあるいは動物の健康被害はどれか。

過去問

71回 B問題 問28

難易度:易

ポリ塩化ビフェニル(PCB)が原因となって発生したヒトあるいは動物の健康被害はどれか。
  1. ATA症
  2. 七面鳥X病
  3. カネミ油症
  4. 鶏のダークオイル事件
  5. 猫踊り病

選択肢を吟味しよう!

解答のポイント:
PCBは、脂溶性なので油に関連があります。そのため、「油」「オイル」がキーワードになっています。

重要度:☆
ATA症

フザリウム属のカビによるカビ毒(トリコテセン類)による中毒事故です。

トリコテセン類で有名なのは
「デオキシ-ニバレノール」
「ゼアラレノン」ですよね。

本問とは関係ないですが、
ペニシリウム属やアスペルギルス属のカビが果物に寄生して産生する「パツリン」もカビ毒として重要です。

重要度:☆
七面鳥X病

アスペルギルス属の「アフラトキシン」が原因です。

重要度:☆☆☆
カネミ油症

正解です。

この「カネミ油事件」をきっかけに法律ができました。
それに関する問題も解けるようになってください!

重要度:☆☆
鶏のダークオイル事件

重要度:☆
猫踊り病

メチル水銀が原因です。

人の水俣病が流行る前に、
魚、それを捕食する哺乳類がはじめに影響を受けました。猫も例外ではなかったようですな。魚食べるもんな、、、