葉酸の合成を阻害する抗菌剤はどれか。

過去問

72回 A問題 問53

難易度:易

葉酸の合成を阻害する抗菌剤はどれか。
  1. ペニシリン
  2. クロラムフェニコール
  3. ストレプトマイシン
  4. サルファ剤
  5. トリメトプリム

解説

重要度:☆☆
ペニシリン

細胞壁合成阻害薬のβ-ラクタム系抗生物質ですね。

重要度:☆☆
クロラムフェニコール

リボソーム50Sに結合し、タンパク質合成を抑制します。

重要度:☆☆
ストレプトマイシン

リボソーム30Sに結合し、タンパク質合成を抑制します。

重要度:☆☆☆
サルファ剤

ジヒドロプテロイン酸合成酵素を抑制します。

重要度:☆☆☆
トリメトプリム

ジヒドロ葉酸還元酵素を抑制し、ジヒドロ葉酸の生成を抑制します。

詳細な解説と周辺知識

葉酸は、核酸(DNAやRNA)やアミノ酸合成に必要な補酵素になっています。

葉酸が合成できないと核酸が合成できませんから
細菌の増殖を止めることが出来ます(静菌的)。

葉酸合成を抑制するのは、「サルファ剤」「トリメトプリム」です。

どっちも動物の名前が入ってるな〜ってのと、
併用で相乗効果があるので「ST合剤」として用いられています。

葉酸合成阻害薬に関しては、
作用機序は覚えなくても良いです。面倒なので、、、。

抗腫瘍薬で「葉酸代謝拮抗薬」ってのがあるので混同しないでください!