肥育豚の胃潰瘍の治療又は予防対策として適切なのはどれか。

過去問

71回 B問題 問57

難易度:難

肥育豚の胃潰瘍の治療又は予防対策として適切なのはどれか。
  1. サルファ剤の飼料添加
  2. 飼料粒度の適正化
  3. ポリアクリル酸ナトリウムの飼料添加
  4. コルチコステロイドの投与
  5. 抗プラスミン薬の投与

選択肢を吟味しよう!

重要度:☆
サルファ剤の飼料添加

重要度:☆☆
飼料粒度の適正化

飼料の粒のサイズは大きめが適切です。

あまりに粒子が細かいと、胃壁にくっついて胃全体の酸性度が高まるため胃潰瘍になりやすいみたいですね。

重要度:☆
ポリアクリル酸ナトリウムの飼料添加

重要度:☆
コルチコステロイドの投与

重要度:☆
抗プラスミン薬の投与