捻転斜頸はどの部位の障害によって生じるか。

過去問

71回 A問題 問73

難易度:易

捻転斜頸はどの部位の障害によって生じるか。
  1. 胸髄
  2. 頸髄
  3. 内耳
  4. 小脳
  5. 大脳

選択肢を吟味しよう!

重要度:☆☆☆
胸髄

重要度:☆☆☆
頸髄

重要度:☆☆☆
内耳

重要度:☆☆☆
小脳

重要度:☆☆☆
大脳

解説

捻転斜頸 vs 頭位回旋

どちらも似たような症状に見えますが、疑う病変が異なるので注意してください!

両者の違いは、それぞれ以下にまとめますが、共通点を始めにおさえましょう。
両者の共通点として「病変がある向き・方向に」頭をかしげたり、頭を向けます。

両方ミックスされているケースもありますが、前脳でも前庭でもなく「視床や中脳」が原因で生じます。

頭位回旋とは?

左向きに頭が回旋しているとき、左側に障害があるということになります。左側の脳は、右目から入った情報(右側の世界)を統合しています。それが障害されますから、左目から入った情報(正常な右側の脳で)だけにしか興味を示しません。

そのため、頭部は左側に回旋します。
場合によっては、左方向に大回りの「旋回」することもあります。

捻転斜頸とは?

捻転斜頸とは、頭を正面から見たときに「眼の位置がずれる」ことをいいます。

一般的に、捻転斜頸は病変と同側に現れますが、、、
病変が小脳側にまで及んでいる場合は反対側に病変があることもあるため、必ずしも問診では判断できません。

捻転斜頸を見つけた場合は、
神経学的検査として「頭位変換」「眼球の動き(眼振)」も同時に調べましょう。