「獣医師法」で定められた診療動物とその診療簿の保存期間の組合せとして正しいのはどれか。

過去問

70回 必須問題 問15

難易度:易

「獣医師法」で定められた診療動物とその診療簿の保存期間の組合せとして正しいのはどれか。

診療動物 ー 保存期間

  1. 鶏 ― 8 年間
  2. めん羊 ― 8 年間
  3. 犬 ― 8 年間
  4. 山羊 ― 3 年間
  5. 牛 ― 3 年間

選択肢を吟味しよう!

重要度:☆☆☆
鶏 ― 8 年間

重要度:☆☆☆
めん羊 ― 8 年間

重要度:☆☆☆
犬 ― 8 年間

重要度:☆☆☆
山羊 ― 3 年間

重要度:☆☆☆
牛 ― 3 年間

解説

診療簿及び検案簿の保存期間は、動物によって異なります。

基本は「3年」ですが、8年も保存しないと行けない動物がいます。以下にまとめます。

診療簿及び検案簿の保存期間が8年の動物

  • 水牛
  • しか
  • めん羊
  • 山羊

それ以外の動物は3年

獣医師法」第21条によれば、

第21条2 獣医師は、前項の診療簿及び検案簿を3年以上で農林水産省令で定める期間保存しなければならない。

https://hourei.net/law/324AC0000000186

そして、
施行規則第11条に以下のように記載されています。

第十一条の二 法第二十一条第二項の農林水産省令で定める期間は、牛、水牛、しか、めん羊及び山羊の診療簿及び検案簿にあつては八年間、その他の動物の診療簿及び検案簿にあつては三年間とする。

https://elaws.e-gov.go.jp/document?lawid=324M50010000093

獣医師法
https://hourei.net/law/324AC0000000186

獣医師法施行規則
https://elaws.e-gov.go.jp/document?lawid=324M50010000093