犬の消化腺に関する記述として正しいのはどれか。

良問

73回 A問題 問1

難易度:並

犬の消化腺に関する記述として正しいのはどれか。
  1. 肝臓の外側左葉には腎圧痕が認められる。
  2. 肝内にある左右の肝管が総肝管に連絡する。
  3. 胆囊は肝臓の方形葉と内側左葉の間に位置する。
  4. 膵右葉は十二指腸下行部に沿って存在する。
  5. 膵臓の外分泌部の導管系には線条導管が存在する。

選択肢を吟味しよう!

重要度:☆☆☆
肝臓の外側右葉には腎圧痕が認められる。

右腎は左腎より頭側にあるので右葉に「腎圧痕」をつくります。
腎臓は背側にあるため内側ではなく、外側の右葉です。

重要度:☆☆☆
肝内にある左右の肝管が総肝管に連絡する。

馬・反芻動物の説明です。

肉食動物の場合は、総肝管がありません。

重要度:☆☆☆
胆囊は肝臓の方形葉と内側右葉の間に位置する。

胆嚢は右葉側にあるので、左葉では決してありません。

腹部超音波検査で肝臓内にマス(他の肝臓領域とエコー源性が異なる部分)があった際に、それが大体どこの葉にあるのかのランドマークになります。

重要度:☆☆☆
膵右葉は十二指腸下行部に沿って存在する。

余談ですが犬では右葉が見やすいく、猫では左葉が見やすいです。

重要度:☆☆☆
膵臓の外分泌部の導管系には線条導管が存在しない

組織学的に重要です。