Ca代謝に関する記述として正しいのはどれか。

過去問

72回 A問題 問20

難易度:易

Ca代謝に関する記述として正しいのはどれか。
  1. 体内の Ca の 90% 以上は血漿に存在する。
  2. カルシトニンは尿への Ca2+ の排泄を促進する。
  3. 上皮小体ホルモンは破骨細胞の骨吸収を阻害する。
  4. 活性型ビタミンD は腸管からの Ca2+ の吸収を抑制する。
  5. Ca2+ の腎臓での再吸収量は遠位尿細管が最も多い。

選択肢を吟味しよう!

重要度:☆☆☆
体内の Ca の 90% 以上はに存在する。

骨=カルシウムの鉱山 なので、
そこから切り崩して血中にカルシウムを供給します。

重要度:☆☆☆
カルシトニンは尿への Ca2+ の排泄を促進する。

カルシトニンは「甲状腺の”傍”濾胞細胞」から分泌され、
血中カルシウム濃度を低下させるように働きます。

骨では「破骨細胞の」働きを抑制し
カルシウム供給を停止させます。

腎臓ならば、排泄が亢進します。

高齢になるとカルシトニン分泌が低下するため、
骨が脆くなっていきます。骨粗鬆症が高齢の疾患であるのは納得です。

重要度:☆☆☆
上皮小体ホルモンは破骨細胞の骨吸収を促進する

上皮小体ホルモン=パラソルモン(PTH)ですね。
パラソルモンは、血中カルシウム濃度を上昇させます。

骨ならば、骨吸収。
腸管ならば、吸収促進。
腎臓ならば、カルシウムは再吸収されます。

重要度:☆☆☆
活性型ビタミンD は腸管からの Ca2+ の吸収を促進する

腎臓がビタミンDを活性化します。

慢性腎臓病で、活性化能が落ちるとカルシウム濃度が低下してきます。
それに反応して上皮小体が活性化、二次性の「上皮小体機能亢進症」になるケースがありますよね。

重要度:☆☆
Ca2+ の腎臓での再吸収量は近位尿細管が最も多い。

腎臓での再吸収は、近位尿細管で行われています。

解説