大動物外科

過去問

炭水化物過食が原因となる馬の運動器疾患はどれか。

過去問

起立困難を特徴とする牛の疾患はどれか。

過去問

腱縫合に用いられる縫合法はどれか。

過去問

外科的ドレーンを留置する目的として適切でないのはどれか。

過去問

縫合時に角針を用いるのが適した組織はどれか。

過去問

術創感染を減少させるための方法として適切でないのはどれか。

過去問

馬のウォブラー症候群に関する記述として適切でないのはどれか。

過去問

術野の皮膚消毒に用いる薬剤として適当なのはどれか。

過去問

疼痛および鎮痛に関する記述として適切でないのはどれか。

過去問

並置縫合はどれか。

過去問

内反縫合はどれか。

過去問

馬の蹄葉炎に関する記述として適切なのはどれか。

過去問

牛でびんつり法(bar suture)による治療が適応となる疾患はどれか。

過去問

合成非吸収性縫合糸の材料はどれか。

過去問

成牛で直腸検査ができない腹腔内臓器はどれか。

過去問

骨の連続性が完全には失われていない骨折はどれか。

過去問

創傷治癒の阻害要因として適当でないのはどれか。

過去問

管腔臓器を把持する鉗子として適当なのはどれか。

過去問

合成吸収性縫合糸はどれか。

過去問

全身麻酔に求められる要素として適切でないのはどれか。