線維素性炎として適切なのはどれか。

過去問

72回 A問題 問43

難易度:易

線維素性炎として適切なのはどれか。
  1. 偽膜性腸炎
  2. せつ
  3. 真珠病
  4. 蜂窩織炎
  5. 大葉性肺炎

解説

重要度:☆☆☆
偽膜性腸炎

正解です。偽膜ってのが繊維素で構成されています。

重要度:☆☆☆
せつ

毛包に限局した化膿性炎です。「せつ(癤)」に似た言葉で「よう(癰)」がありますが、これは複数の毛包に波及したものになります。せつが悪化したみたいな感覚です。

重要度:☆☆☆
真珠病

肉芽腫性炎です。ウシの結核の別名ですよね。

ちなみに結核菌は動物によって変わります。
同一ではないので注意してください。

ウシの結核菌は、Mycobacterium bovis
ヒトの結核菌は、Mycobacterium tuberculosis

もう一つ、抗酸菌染色である「チール・ネルゼン染色」は絶対に覚えましょう。

重要度:☆☆☆
蜂窩織炎

皮膚の深い部分(皮下組織・筋膜)の化膿性炎です。

重要度:☆☆☆
大葉性肺炎

大葉性肺炎は経過が重要です。肺なのに、肝細胞みたくなります。

「充血期」 → 「赤色肝変化」 → 「白色肝変化」 → 「融解期」。
右側ほど重度になっています。