犬の離断性骨軟骨症に関する記述として適当でないのはどれか。

良問

70回 B問題 問60

難易度:並

犬の離断性骨軟骨症に関する記述として適当でないのはどれか。
  1. 大型犬での発生が多い。
  2. 若齢での発生が多い。
  3. 軟骨内骨化の障害が認められる。
  4. 手根関節で発生することが多い。
  5. 進行すると変形性関節症が生じる。

選択肢を吟味しよう!

重要度:☆☆☆
大型犬での発生が多い。

重要度:☆☆☆
若齢での発生が多い。

重要度:☆☆☆
軟骨内骨化の障害が認められる。

重要度:☆☆☆
関節で発生することが多い。

重要度:☆☆☆
進行すると変形性関節症が生じる。