内科学

過去問

犬において出血性膀胱炎の原因となる薬剤はどれか。

過去問

猫のウイルス性上部気道感染症に関する記述として適当なのはどれか。

過去問

犬、雑種、 3 ヵ月齢。元気消失と下痢を主訴に来院。下痢は粘血便であり、糞便検査において消化管内寄生虫の寄生は確認されなかった。血液検査では重度の白血球減少症が認められた。同腹の 1 頭も同様の症状を呈して2 日前に斃死していた。最も疑われる疾患はどれか。

過去問

幼犬に心筋炎を起こす疾患はどれか。

過去問

猫において一般に漏出液による胸水貯留が認められる疾患はどれか。

過去問

牛の腎盂腎炎に関する記述として適切なのはどれか。

過去問

牛の下痢症に関する記述として最も適切なのはどれか。

過去問

牛のヨーネ病に関する記述として適切なのはどれか。

過去問

溶血性貧血を呈する子牛の疾患はどれか。

過去問

胆囊粘液囊腫に関する記述として適当でないのはどれか。

過去問

犬の腸リンパ管拡張症の栄養管理として最も適切なのはどれか。

過去問

大腸性下痢によくみられ小腸性下痢との鑑別に有用な臨床徴候はどれか。

過去問

犬の血色素尿の原因として一般的でないのはどれか。

良問

犬糸状虫(Dirofilaria immitis)に関する記述として適切なのはどれか。

過去問

牛の食道の横紋筋に壊死を起こす疾患はどれか。

過去問

犬で血小板減少症を呈する病態として適当でないのはどれか。

過去問

犬の第VIII因子欠損症に関する記述として最も適当なのはどれか。

過去問

真性赤血球増加症で一般的に認められる所見として適当でないのはどれか。

過去問

犬の蛋白漏出性腸症で認められることが多い異常検査所見はどれか。

過去問

ネフローゼ症候群の病態として適当でないのはどれか。