雄の生殖不能に関する記述として適切なのはどれか。

良問

75回 B問題 問74

難易度:並

雄の生殖不能に関する記述として適切なのはどれか。
  1. 無精液症では交尾欲を示さない。
  2. 無精子症では勃起能や射精能の減退がみられる。
  3. 精子無力症では活発な前進運動を示す精子が 50%以下となる。
  4. 精子減少症が後天的に発生した場合には予後不良となる。
  5. 夏季不妊症では造精機能が不可逆的に減退する。

選択肢を吟味しよう!

重要度:☆☆☆
無精液症では交尾欲を示す

交尾欲、勃起能力には異常がありません。

重要度:☆☆☆
無精子症では勃起能や射精能の減退がみられない

無精子症に関しても、性行動には異常ありません。

重要度:☆☆☆
精子無力症では活発な前進運動を示す精子が 50%以下となる。

重要度:☆☆☆
精子減少症が先天的に発生した場合には予後不良となる。

重要度:☆☆☆
夏季不妊症では造精機能が可逆的に減退する。

類題で強くなろう!