造影検査に関する記述として最も適当なのはどれか。

過去問

75回 B問題 問58

難易度:易

造影検査に関する記述として最も適当なのはどれか。
  1. 高張性ヨード系造影剤の誤嚥により肺障害が生じる。
  2. 血管造影 CT 検査にはイオン性ヨード造影剤を用いる。
  3. X 線脊髄造影検査にはイオン性ヨード造影剤を用いる。
  4. 消化管穿孔を疑う際の造影には硫酸バリウムを用いる。
  5. 脳腫瘍の MRI 検査には非イオン性ヨード造影剤を用いる。

選択肢を吟味しよう!

解答のポイント:
良問なので、繰り返し演習しましょう!

重要度:☆☆☆
高張性ヨード系造影剤の誤嚥により肺障害が生じる。

重要度:☆☆☆
血管造影CT検査にはイオン性ヨード造影剤を用いる。

重要度:☆☆☆
X線脊髄造影検査にはイオン性ヨード造影剤を用いる。

重要度:☆☆☆
消化管穿孔を疑う際の造影にはヨード造影剤を用いる。

消化管閉塞や消化管穿孔が疑われる場合には、漏れて腹膜炎を引き起こすことがあるため禁忌となります。

重要度:☆☆☆
脳腫瘍のMRI検査にはガドリニウム造影剤を用いる。

類題で造影剤に強くなろう!